電話番号072-992-7055
救急指定労災指定

〒581-0045 大阪府八尾市西木の本1-63

診療時間 / 月曜日~土曜日 AM9:00~PM7:30
24時間365日救急病院





 

















 

大阪府八尾市の救急病院。地下鉄谷町線の長原駅または八尾南駅より徒歩10分。脳神経外科、整形外科、外科、内科、リウマチ科、リハビリテーション科

HOME»  外来のご案内»  専門外来のご案内»  下肢静脈瘤専門外来


 


 

下肢静脈瘤とは、下肢の静脈にある弁の機能が低下し、静脈血が逆流して、血管がこぶのように膨らんだ状態のことです。血管が浮き出て見える見た目の問題のほか、下肢のこむら返りやかゆみ・不快感、重度になると皮膚潰瘍を生じる場合もあります。
治療としては、弁不全を生じた静脈を抜去(ストリッピング術)して、逆流による症状を抑えることで、症状の改善が期待できます。

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤の症状
足の血管が浮き出て見える ふくらはぎがだるい・重苦感
足のむくみ 足のこむら返り(つり)
足がほてる・熱く感じる 足のむずむず感・不快感
足のかゆみ・湿疹 足の色素沈着
足の潰瘍  
下肢静脈瘤の危険因子
高齢者 女性
家族に下肢静脈瘤 妊娠
出産歴 立ち仕事
肥満 便秘

 

血管内焼灼術

静脈に針を刺し、そこからカテーテルを挿入、静脈の内側から熱を加えて焼いて塞ぐ治療です。

血管内焼灼術

血管内焼灼術

 

静脈抜去術

弁不全を起こしている静脈を引き抜く手術です。

 

形成外科ではどんな病気が治療の対象?

眼瞼下垂(まぶたが落ちてきて気になる)、下肢静脈瘤(足のこぶ)皮膚のできもの(イボ、ほくろなど)、ケロイド巻つめ、をはじめ下記疾患についてご相談ください。

新鮮外傷
新鮮熱傷
顔面骨骨折
顔面軟部組織損傷
唇裂・口蓋裂 手・足の
先天異常、外傷
その他の
先天異常
母斑
血管腫
良性腫瘍
悪性腫瘍および
それに関連する再建
瘢痕、瘢痕拘縮
肥厚性瘢痕
ケロイド
褥瘡、難治性潰瘍 美容
その他