電話番号072-992-7055
救急指定労災指定

〒581-0045 大阪府八尾市西木の本1-63

診療時間 / 月曜日~土曜日 AM9:00~PM7:30
24時間365日救急病院





 

















 
HOME»  Rehabilitation»  言語聴覚療法 Speech Theraphy

言語聴覚部            

言語聴覚療法 Speech-Language Hearing Therapy

 
 

 言語聴覚療法では、声や発音、ことばの理解に何らかの問題が生じることで主にコミュニケーションが取りにくくなった患者さまに対して、声を出す練習、実際に会話を行うことなどを通してコミュニケーションの取りにくさが軽減できるよう指導、援助いたします。

 また、食事を摂ることが難しくなった方に対しては、食事を摂る姿勢や口に入れる食物の量などを提案させていただきながら、できるだけ安全に食事ができるよう指導、援助いたします。


 

言語聴覚療法とは


 言語聴覚士が種々の言語聴覚障害を持つ者に対して、機能の維持・向上を図るために適切な検査及び指導・助言・援助を行う行為を言います。

嚥下障害に対する訓練・指導も含むこともあります。






 

言語聴覚療法の対象疾患

 
脳血管疾患 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳挫傷、急性硬膜下血腫、慢性硬膜下血腫、パーキンソン病、末梢神経障害、脳腫瘍など
 
その他 肺炎、認知症などの内科的疾患
 

摂食機能療法 Eating and Swallowing function Therapy


摂食機能療法とは

 

 摂食機能障害を持つ者に対して、医師・歯科医師の指示の下、リハビリテーションスタッフ(PT・OT・ST)・看護師など多職種により食形態やい一口に食べる量、姿勢の調整などを行うことにより、安全に食事が出来るように指導・援助を行うことをいいます。

 

摂食機能療法の対象疾患

 
脳血管疾患 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳挫傷、急性硬膜下血腫、慢性硬膜下血腫、パーキンソン病、末梢神経障害、脳腫瘍など
 
口腔疾患 上顎癌、舌癌などの切除術後
 
その他 嚥下造影検査、内視鏡下嚥下機能検査で他覚的に嚥下機能の低下が確認できるもの
 
 

 

嚥下造影検査について Videofluoroscopic examination of Swallowing


嚥下造影検査とは


 摂食機能障害の方に対して、実際に食物を食べてもらい口腔内から胃に到達するまでの過程の動画を撮影し、評価を行うための検査です。

 飲み込んだ食物が気管に間違って入ってしまう誤嚥の有無や食道からの逆流の有無を確認できます。
 また飲み込み過程でどの場所が問題となのかということが明確になります。

 検査を行う際は、医師・看護師・言語聴覚士・理学療法士・作業療法士・放射線技師・管理栄養士の嚥下チームが参加します。

 そして、患者さま安全に食事ができるように食事環境・食事内容(一般職・柔らかい食物・ゼリー・とろみ等)・リハビリテーションによるトレーニング内容等を検討します。